小学校が酒蔵に。
オール菊池で世界を目指す

 「菊池水源小学校」跡地。かつて子どもたちの歓声が響いた校舎は今、甘い米の香りで満たされています。
 1752(宝暦2)年に細川重賢の命を受けて酒造りを始めた「美少年酒造」は、全国にその名を馳せるほどの酒蔵でした。「火の国酒造」と名前を変え、紆余曲折を経て酒造事業を撤退することとなった同社から、事業を譲り受けたのが現在の蔵主です。
 新たな「株式会社美少年」を設立した2013(平成25)年。それは「菊池水源小学校」が137年の歴史に幕を閉じた年でもありました。廊下に沿って教室などが連なる構造は、酒造りにおける全ての作業工程を一直線につなぐことのできる間取り。給食室には甑や放冷機が置かれ、洗米と蒸米の工程を。隣の校長室と保健室は壁や天井に杉板が張られ、麹室となりました。職員室などがあった場所には大きな巨大タンクが並びます。廊下には充填とラベル貼り用のラインがずらり。外観は学校なのに、中身は酒蔵そのものというなんとも不思議な空間です。
 この場所で、新しい「美少年ブランド」の構築に取り組むのが、杜氏を務める水上弘童さん。イタリア料理のシェフを経て福岡や富山で酒造りに携わり、数々の受賞酒を生み出してきた水上さんにとって、ふるさと菊池で酒造りをすることは、かねてからの夢でもありました。菊池市出身の蔵人たちは全員が、酒造りの未経験者。「新たな“美少年”を構築する上で、先入観や固定概念は不要です。むしろ、経験者がいないということは幸いでした」。「菊池は日本有数の米どころ。菊池渓谷の清水にも恵まれています。菊池生まれの蔵人たちが、菊池の水と米、そしてこの蔵で分離・培養した酵母を使い、文字通り、オール菊池の日本酒をつくることに意味がある。世界が唸る酒をこの場所から発信したいと思います」。

株式会社美少年

〒861-1442 熊本県菊池市四町分免兎原1030 
TEL 0968-27-3131 FAX 0968-27-3133
http://bishonen.jp/

創業/1752(宝暦2)年
代表者名/千堂敬一郎

【主な使用原料】
米:菊池産ヒノヒカリ、山田錦 酵母:自社酵母 水:湧水100%

【主な受賞歴】
2014年 ロンドン酒チャレンジ金賞(剣門)、美酒鑑評会 準大賞(賢者・清夜)など

蔵元一覧へ戻る

TOPへ戻る