「蔵を守る。名を守る」。
記憶のなかの風景と地域の絆が支える酒

 南小国町の住宅街の一角に佇む、築100年を超える蔵が今日も静かに佇んでいます。「小学生の頃は、活気にあふれる仕込みの時期が楽しみでした。朝、学校へ行こうとすると、ひと仕事終えた蔵子たちが木桶の風呂を浴びていて、それがなんとも格好よかった。子どもながらに蔵の仕事に憧れたものです」と振り返るのは、室原彰典さん。
 蔵子の気配が消えたのは40年ほど前のことです。家族だけになった今も、伝統の酒の味は変わりません。
 「『和田 志ら露』は南小国で愛されてきた地域の酒。父の思いを継ぎ、守ることが、今の私の務めです」。先代の思いが染み込んだ蔵の価値を模索し、次世代へ渡していきたいと、蔵を活用した音楽ライブや町おこしにも取り組んでいます。人と人とをつなぐ酒、その本質が垣間見えます。

室原合名会社

〒869-2401 熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場1862 
TEL 0967-42-0030 FAX 0967-42-1373

創業/昭和9(1934)年
代表者名/室原彰典

【主な使用原料】
米:アキマサリ 酵母:熊本酵母 水:阿蘇伏流水

蔵元一覧へ戻る

TOPへ戻る